CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 禁断の書 | main | 初めてのキス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
モグラたたき
 新たな使命を帯びたSacraは、まず「シャクラミの地下迷宮」がどこにあるのかを突き止めなければならなかった。
 どうやら、ウィンダスの北方に広がるタロンギ大渓谷のどこかにあるらしいのだが、地図を買ってみても、それらしい遺跡も洞窟も載っていない。
 ううむ、こういうときは他の人に聞くのが一番だ。Sacraはタロンギ大渓谷の入り口に立つと、大声で叫んだ。
 「どなたか、シャクラミの地下迷宮の場所を知っている人はいませんかぁ〜」
 渓谷は両側に岩山がそそり立っており、Sacraの声はこだましながら遠くまで届いて行った。
 しばらくして返事が返ってきた。
 「ほくとう、くとう、とう、とぅ、ぅ……」
 どうやら北東方面にあるようだが、これだけでは良くわからない。とりあえず、Sacraはその方角に向けて、それ自体が迷路のような渓谷を駆け抜けていった。
 やがて開けた場所に出た。前にも一度来たことがあるが、このあたりは年中砂嵐が吹き荒れている荒野だ。あちらこちらに、首が長く巨大な動物ダルメルが闊歩している。
 地図を見ながら北東に進んでいくと、やがて5人組の冒険者に出くわした。レベルはSacraと同じくらいのようだ。
 「シャクラミの地下迷宮って、どこにあるか知らない?」
 尋ねるSacraに、一行は西方訛りで、これから自分たちもそこに行くところだと答えた。これはちょうどいい。連れて行ってもらおう!
 かくして、Sacraはパーティの一員になった。一行は砂嵐の中を進み、やがて洞窟の前に出た。どうやらこれが「地下迷宮」の入り口らしい。次に来るときのために、地図にメモっておこう。メモメモ。
 中に入ると、相変わらず吸血コウモリとゴブリンが出迎えてくれた。しかし、ここにいる奴らは、これまでに見たことがないほど凶悪な雰囲気を漂わせている。一行は、あえて戦わずに壁伝いに進んで行った。
 やがて、大きな広間に出た。リーダーが奥の地面から触手を突き出しているミミズのお化けみたいなものを指差した。
 「MMだ。あいつを狩ろう」
 「MMってなに?」
 「Maze Makerのこと。戦闘のいい練習相手になるんだ」
 なるほど。あのミミズだかモグラだか分からない化け物はMaze Makerというのか。しばらく見ていると、MMは地面の中にもぐり、やがて少し離れた場所から顔を出した。
 「やるぞ!」
 「準備完了」
 口々に答え、配置につくパーティ。戦士が前に立ち、魔道士は後ろに下がる。そして、リーダーの合図で一斉にMMに攻撃を仕掛けた。
 怒ったMMは戦士に食って掛かる一方、後方の魔道士に向けて広範囲魔法を仕掛けてきた。そんなのインチキ〜!
 慌ててさらに後方に下がるSacra。赤魔道士であるSacraの役目は、MMの弱体化だ。一生懸命に魔法を唱えるが、やたら固いMMはなかなか倒れない。延々と戦闘が続いたのち、こちらの魔力が尽きかけたところで、ようやくMMは地に崩れ落ちた。
 ほっと一息つく一行。確かに戦闘の練習には最適だ。
| 冒険 | 18:25 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:25 | - | - |
コメント
ooops sorry
| phentermine diet | 2006/03/16 12:22 AM |
i like this site
| gambling game poker | 2006/03/18 10:47 PM |
yooooy
| cialis review | 2006/03/19 5:49 PM |
great site
| canadian cialis | 2006/03/20 7:03 AM |
i like pops
| flonase nasal spray | 2006/03/23 7:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vanadiel.jugem.cc/trackback/41
トラックバック