CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ヴァナ・ディール | main | 命名の儀式 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
険しき道
 さて、「ファイナル・ファンタジーXI」をプレイする環境が一通り整ったところで、さっそくインストールを試みる。うちのプレステ2は初期型なので、ハードディスクは外付けである。
 むむ? パッケージにDVDが2枚入っている。それと、この250ページ近くある分厚いマニュアルは一体……?
 状況が飲み込めるまでに、しばし時間がかかった。どうやら、「プレイオンライン」という共通プラットフォームにログインした上で、改めて「ファイナル・ファンタジーXI」を立ち上げなければならないらしい。インストールも別々で、まず「プレイオンライン」とおまけの小ゲームをインストールした後、「ファイナル・ファンタジーXI」をインストールする手順になるという。なんとややこしい!
 仕方がないので、「プレイオンライン」をインストールする。インストール自体は、なんの苦労もなく終わった。この辺が、家庭用ゲーム機の強みである。そして、再起動。ふむ、最新のパッチを当てろとな。まあ、MMORPGではよくあることだ。予想の範囲内。ポチッとな。
 ……しばし、ダウンロードが続き、今度こそ「プレイオンライン」本体が立ち上がった。ここから「ファイナル・ファンタジーXI」をインストールするのか。なになに、「プレイオンライン」だけでも、電子メールから友達リストまで、一通りのオンライン・コミュニケーション環境が整うのか。なるほどねえ。でも、一々ログインするのは面倒くさいよ。どうせなら、別のソフトにしてくれれば良かったのに。
 パッケージに付属してきたレジストレーション・コードを打ち込み、「プレイオンライン」のアカウントを作成する。専用の電子メールアドレスが発行され、これでやっと「プレイオンライン」の会員になれた。え、「プレイオンライン」自身の環境設定まであるの? もう、勘弁してよ。
 環境のカスタマイズにうるさいわたしは、ついついゲームそっちのけで、環境設定にいそしんでしまう。壁紙からBGM、環境音楽まで好きなように変更できるのは嬉しい。さらに、友達リストに友人を登録し、メールで準備完了の連絡を行なう。
 ここまでで、「ファイナル・ファンタジーXI」本体は1分もプレイしていない。だが、ヴァナ・ディールへの道は、まだまだ険しかった。
| 冒険 | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:33 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vanadiel.jugem.cc/trackback/2
トラックバック