CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
| main | 険しき道 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ヴァナ・ディール
 ヴァナ・ディール−−そこは、剣と魔法と技術が交錯する美しき世界。今、その世界に一人の冒険者が降り立った。

 わたしは20年来の年季の入ったゲーマーである。RPGは小学生の頃から始め、テーブルトークRPGの経験も長い。
 しかし、MMORPG(多人数参加型大規模RPG)を本気でプレイするのは、これが初めてである。これまで、無料のベータテストや、「ラグナロク・オンライン」の無料お試し期間などで軽く触れたことはあったが、自分で料金を払ってMMORPGをプレイするのは、これが本当に初めてとなる。
 さて、わたしが「ファイナル・ファンタジーXI」を選んだ理由。それは、その世界の魅力もさることながら、プレステ2という家庭用ゲーム機でプレイできる手軽さだった。これならば、パソコンがふさがって、肝心なときに使えなくなる心配もない。また、基本性能が同じ家庭用ゲーム機ならば、動作の重さに不快感を感じることもないだろう。
 そして、忘れてはいけないのが、この世界にわたしを誘い込んだ友人の存在である。実は、別の友人から「ラグナロク・オンライン」にも誘われていたのだが、料金の安さと、上にあげたような理由から、結局「ファイナル・ファンタジーXI」の世界に飛び込むことにした。
 わたしが「ファイナル・ファンタジーXI」のために用意したのは、プレステ2本体とアナログ・コントローラ、そしてUSBキーボードである。今回、マウスは使っていない。言うまでもないが、別途ソフトウェア本体も購入した。

 このサイトでは、これからわたしが「ファイナル・ファンタジーXI」の世界「ヴァナ・ディール」で経験することを、逐一記録して行こうと思う。基本的には自己満足だが、興味があったら、一緒に冒険しているつもりで読んでみて欲しい。
| 冒険 | 12:02 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:02 | - | - |
コメント
Good site and good blog.Thanks
| OnlineSlot | 2006/03/17 11:03 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vanadiel.jugem.cc/trackback/1
トラックバック